2008年06月30日

長野の大自然


先日、長野で乗馬をしてきました。

数年前に時代劇の現場で刺激され習い始めました。やり始めは山梨県の小淵沢という所で習ってましたが、ここ数年は山梨と長野の両方で乗らせてもらってます。
写真は俺の一番のお気に入りのLipi(♀)。デカイし走りも反応も良いので俺には乗りやすいんですよね。ちなみにこのLipiはこの乗馬クラブのオーナーが一番大事にしている馬でもあります(^-^)

馬って本当に癒されます。目はすごく優しくて体は綺麗で。また大自然の中で駆け抜ける爽快感は、一度体験するとやみつきになります。
もちろん今回も外乗に行きました。外乗というのは、文字通り馬場の外の山道とかで走ることです。今回が初めての友達も一緒だったのであまり早くは走らなかったけど、それでもやっぱり気持ち良い!
最初は俳優としてのスキルアップのつもりで始めたんですが、今は単純に馬が好きで乗ってる感じですね。
今回はちょっと久しぶりだったので初めの1鞍(くら)は勘を取り戻すだけで終わりました(苦笑)。何でもそうですが、やっぱりコンスタントにやってないとヘタクソになりますね。また時間を作って行きたいと思います。
今回は思わぬアクシデントがあったんですが、それはまた次回に(^-^)

2008年06月27日

演技レッスン


写真はLAで俳優をやっているクリス。向こうで二度ほど彼の演技のレッスン受けました。
最初は長ゼリフの一人芝居。英語のセリフには慣れてないのでぜんぜん頭に入ってこない…。ところどころ知らない単語もあったんですが、前後の文脈からイメージしてなんとかやってました。次は二人一組での即興の芝居。初めの一言だけは決められていて、その後は二人で展開させて落ちをつけるって感じのものです。俺の勘違いでまったく正反対の意味合いで演技してて、途中で気付いて軌道修正しようとシドロモドロだったのが、逆に妙にリアルだと好評でした(苦笑)。アメリカ人女性と日本人男性のカップルによくありそうなワンシーンに見えたとか(苦笑)。ボキャブラリーが少なすぎると改めて痛感しました。
最後は、カメラ位置を考えながら芝居する練習。まず5つの指示(動きやセリフなど)が箇条書きに書いてある紙を渡され、床に1から5の数字が書いてある紙が貼ってあり、その数字の上に立ったら与えられた指示通りのアクションをする、というレッスン。1の紙を踏んだら1の指示通りのことをする、という感じで、多少アレンジを加えながら1から5まで順番にやっていくんです。これは結構楽しめました(^-^)
講師のクリスは個人レッスンもやってくれると言うので、そのうち何か海外の仕事が入ったらお願いしたいですね。その前にもっと頑張って勉強しないと!

2008年06月19日

百円ショップ


またロサンゼルスの話。
語学学校のそばに『99セントショップ』というものがありました。日本で言う百均ですね。日本と同じく食器や調味料など品揃えは豊富です。俺はこうゆう店に行くと、これもあったら使うかも、と思って色々買ってしまうんですが、今回は短期滞在なのですぐに使うものしか買いませんでした(^-^)

ある日、学校が終わってから数人でランチしようと思い、学校のスタッフにどこか良い店ないですかと聞いたら、近くの韓国料理屋さんを教えてくれました。学校のすぐそばがコリアンタウンだったんですよ。
店に着くと看板には『ランチ$3,99・$4,99』と。かなり安いねぇと話ながら店に入り席についたまでは良いけど、ランチメニューはハングル文字表記のみ。料理の内容はもちろん読み方も分からないので結局番号で注文することに。で、何が来るか分からないからジャンケンで勝った人から好きなのを食べれるというルールに。俺は魚介のチゲだったんだけど、これがかなりヒット!しかもこの値段でキムチやらナムルやらの付け合わせが5種類くらい出てきて大満足でした。
ちなみに日本とは違って会計とは別にチップを払わなければなりません。ガイドブックによると飲食代のトータルの15〜20%弱くらいが妥当だとか。計算がめんどくさいんですが、先輩の尾崎さんから教わったチップの算出法は超カンタン。会計時のTAXの数字を倍にした金額がちょうど妥当な金額になるんです。TAXが8%だからですね。
知ってるとかなり便利ですよ(^-^)

2008年06月15日

巨大な自販機


写真がちょっと分かりづらいですが、何とコレ『車の自動販売機』です。渋谷の駅構内に設置されてました。価格は200万円弱くらいでしたが、すぐそばに係員がいて『ここに1万円札を一枚ずつ入れればお買い上げ頂けます』と笑顔で言ってました(笑) 一見、通行人の気はひいてるようでしたが、宣伝効果はあるのかな?と思ってしまいます。やたら女子高生と外国人が群がってたし…。

ま、それはいいとして、自販機で思い出したんですが、小学生の頃に少年サッカーチームに入っていて、真冬の練習の後に自販機でカップヌードル(カレー味)を買って食べた記憶があります。凍えそうな寒さの中で食べるカップヌードル、最高のご馳走でした。今でもあるのかな?昔はコーラの自販機もお金入れてビンを引っ張って取るやつでしたね。懐かしいな。
他にも変わった自販機があった気がするけど思い出せない。。皆さん何か思い出に残ってる自販機があったら教えて下さい(^-^)

ジーンズ三昧


またまた友人のKIKUちゃんの招待で、TRUE RELIGIONのファミリーセールに行ってきました。前にも書きましたが、去年からこのブランドのファンになりました。で、今回もセールと言うことでヤル気満々で出掛けました。
友人のKIKUちゃんと会うのも久し振りだったので、お互いの近況報告などしつつ俺に合いそうなジーンズを選んでもらって、今回は5本購入。そのうちの1本は、このブランドの大ファンの後輩が今回都合がつかず来れなかったのでプレゼント。やさしい先輩です(笑)。アメリカのブランドなのでハリウッドで入ったショップでもTRUE RELIGIONは何度か見掛けましたが、日本で買うより安いものの、ちょっと気軽には買えなかったですね。
で、今回のセールの知らせがあったので、まとめ買いしてしまいました。
これで当分買い物は自粛しないと…(苦笑)。
それにしてもどれもかなり履き心地抜群!ますますファンになりました(^-^)


話は変わりますが、明日16(月)の14時から『気象予報士・大沢富士子の事件ファイル』が再放送するみたいですね。俺は悪徳代議士の秘書・真木役で悪役を演じてます。観てない方はぜひ観て下さい。フジテレビです。

2008年06月13日

喜劇の真骨頂


映画『ザ・マジックアワー』を観てきました。
さすが三谷幸喜さんですね。いつもながら凄いキャスティングです。
佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行、綾瀬はるか、寺島進、伊吹五郎、浅野和之、戸田恵子、小日向文世…に加え、ちょい役で、中井貴一、唐沢寿明、谷原章介、天海祐希、寺脇康文、香取慎吾、鈴木京香、梶原善、香川照之…など、物凄い贅沢な出演者陣(敬称略)。
つい先日『有頂天ホテル』がテレビでやってたので観ましたが、何回観ても面白い。でも今回の『ザ・マジックアワー』はもっと面白い!ホントに脚本がよく出来てます。殺し屋・デラ富樫(佐藤浩市)と親分(西田敏行)が初対面のシーンでは館内は大爆笑!!
売れない俳優が、映画の撮影だと騙されながら本物のヤクザ相手に殺し屋を演じるという設定が見事なほどはまっていて、観てる方もバレやしないかとヒヤヒヤしながら見てしまいます。俺も職業柄かなり爆笑してました(^-^)
佐藤浩市さんがスター役の唐沢寿明さんと演技をするシーンでは、佐藤浩市さん演技の注意をされた時の言い訳や、何気無い一言が妙にツボにはまってしまい、心の中で『分かる分かる』と呟いていました(笑)
やっぱり佐藤浩市さんは素晴らしいですね。すごく楽しかったのでもう一回観に行こうと思います(^-^)

2008年06月09日

並木もデカイ


何の木か分かりますか?
俺も名前は分かりませんが、寮の近くにはやたらとこの木が植えられてました。大きいものは20メートル以上あったと思います。
なんか南国の雰囲気が漂う感じですね。かなり乾燥してたり日本と気候が違うので、植物もだいぶ違いますね。

寮から歩いて15分ほどのとこに、Ralphs(ラルフス)という大型スーパーマーケットがあります。食材やら日用品のほとんどはここで購入してました。LAでは大きい単位で買うとかなり安く買えます。ミルクもみんな5リットルとかで買ってるので、寮の冷蔵庫は常に一杯でしたね(笑)
ビールも日本よりかなり安いので嬉しかったです。350缶×18本パックで14ドル以下と、1本100円しないんですよ。安いでしょ?

ある時、昼飯の材料を買おうとしてRalphsに行ったところ、約12ドルの牛肉に
『SALE2ドル』とシールが貼ってあったので迷わず購入。会計後に何となく違和感を感じながらふとレシートを見てみると、レシートには約10ドルと印刷されてました。アジア人だから足元見られたとカチンと来て、レジに戻って文句言ってやりました。カタコトの英語で。するとレジのおばちゃんは、静かに値段のシールを指差しました。よく見ると『SALE』ではなく『SAVE』!? 要は2ドル引きってことです。納得です。とんだ恥をかきましたね…。
皆さんも気をつけて下さい。

2008年06月08日

LAの学生寮


空港からハリウッド方面に車で30分ほどの場所に寮がありました。寮と言っても普通の一軒家をシェアする感じですが。生活は一階と二階とで別れていて、俺の部屋は二階の角部屋。外観は綺麗ですが、中は何だかバルコニーを無理やり部屋にしたような不思議な造りで、電気も薄暗く朝方はすきま風で寒くなる部屋でした。でも住めば都、意外とすぐに慣れました。
二階の住人は9人。20代前半の人が半分以上で、もちろん俺が最年長。今思えば個性が強い人ばかりだったなぁ。行く前から、半分以上は日本人だと聞いてはいたけど、ホントにそうでした。
ルームシェアの相手ももちろん日本人。関西人のNOBU(29)。なかなか真面目な良いやつで、何度か一緒に出掛けたりもしました。

そして語学学校へ初登校。寮から5分くらい歩いてバス停(地下鉄の駅も同じ場所)へ。バスで5分くらいで着くんですが、バスも地下鉄も時間通りには来ないので、バスが来なそうなら地下鉄で。
学校初日はオリエンテーションとクラス分けの為の学力テスト。ヒヤリングがかなりヤバかったけど、百点満点中46点で、レベル3のクラスに入った。レベル1〜7まであるうちの3なので真ん中よりやや下のクラスってことです。まぁだいたい予想通りって感じ。
初日は教材費や寮のディポジットを払ったり色々手続きがあって学校を出たのは18時すぎになってました。
同じ寮の人と三人で一緒に帰ろうとしたら、すぐにバスが来たので慌てて飛び乗った!一本逃すとかなり待たされるから。三人共今日が初日だったので、テストがどうだったとか話していると、仲間の一人がバスが違う道を通ってることに気付いた。どうやらこっちは日本と道路のルールが左右逆だから、反対方向のバスに乗ってしまったみたい。降りて逆のバスに乗ろうとする。でも10分も乗ってなかったから歩いてでも戻れるかななんて楽観的に考えて歩くことに。すると、どんどん違う方向へ進んでしまったみたいで、すっかり街並みがメキシカンに。人も道も店も雰囲気が違ってまるで別の国に来たようでした。床屋が5ドルでしたよ。交番もなくグルグル歩いていると、やがて日も暮れ始めちょっと危険な感じに。この時は三人とも地図を持ってなく、勘を頼りに歩くこと一時間半、やっと道を聞けるようなホテルを発見!ベルボーイに聞いたら、あのバス停で待ってれば大丈夫だよって親切に教えてくれました。
バスに乗り、やっと帰れると安心したら急に腹が減って、三人でデニーズでご飯を食べて帰った。日本よりボリュームがあるハンバーグがやたらと美味しく感じたな。

つづく…。

2008年06月05日

帰国しました


あっという間に第一回(?)アメリカ研修旅行が終わってしまった。初めはホームシックにもなるかなぁと少しは思ってたけど、毎日が刺激的でそんな暇もなかったな。

LAと比べると日本は蒸し暑いです。向こうは気温が37度くらいでも、日陰に入れば全然快適でした。陽射しはかなり強いので女性はしっかり紫外線対策しないといけません。俺もかなり焼けたなぁ。

行って三日目くらいにLAで活動している俳優の先輩の尾崎英二郎さんに会いました。尾崎さんはもともと刀道の稽古場の先輩で、今回俺がLAに行くということで連絡をしたところ、ぜひメシでも!と言ってくれていたので。
学校が終わってから車で迎えに来てもらってハリウッドへ行きました。まずは有名なチャイニーズシアターへ。たくさんのハリウッドスターの手形を見て、興奮!いつか俺もここへ…野望は膨らむばかりです(^-^)
尾崎さんお薦めのアメリカンなレストランで食事してから、コダックシアターのスタバでお茶することに。なんとここはコーヒーを飲みながらハリウッドサインが見えるんです(写真)。
かなり良い気分。自然と顔がにやけてくる感じ(笑)
ちなみにこの場所で、アカデミー賞の授与式が行われているんだとか。
なんだかかなり盛り上がって、結局4時間以上話してました。
尾崎英二郎さんは映画『ラストサムライ』や『硫黄島からの手紙』などに出演していて、今はLAを拠点に活動されてるんですよ。あの人気ドラマ『HERO'S』にもゲスト出演しています。色々と貴重な話を聞けましたね。
何年か先には俺も活躍の場を広げます。それに向けてもっとスキルアップしなければ。