2009年08月26日

焼きサバ弁当


新幹線に乗る時は、よくこれを食べます。

駅弁ってたくさん種類があって毎回悩むんですが、結局だいたいコレになっちゃうんですよねぇ(笑)。


この日はNHKの朝ドラ『ウェルかめ』のリハで大阪に行きました。

朝ドラは初めてですが、共演者の石黒賢さん、羽田美智子さん、そして芦屋小雁さんもいいひとで、現場は良い雰囲気です。

9月28日(月)スタート
NHK『ウェルかめ』(主演・倉科カナちゃん)。
四国・徳島を舞台としたコミカルなドラマです。
宜しくお願いします。

中原裕也は第3話、第5話に出演して、だいぶ空いて第44話からまたちょこちょこ出ます。
津田洋というサーファーの役です。
応援宜しくお願いします(^-^)。

2009年08月23日

大阪城天守閣


今日、初めて大阪城の天守閣に登りました。

大阪のNHKからすぐ近くなんですけどね。

写真は天守閣から。
後ろに写ってる大きな建物がNHKです(写真右上)。
今日は午前中で撮影が終わったので行ってみたんですが、夏休み、また日曜日だったのでかなり混み混みでしたね。

天守閣は8階なんですが、エレベーターは長い列が出来てたので、暑い中階段で登りました。

途中の階にも展示物や映像など、見るものはあったけど、子供や外人さんがたくさんいたのでチラ見しただけで素通りしました。

天守閣からの眺めはなかなかの絶景!
ここから秀吉が眺めてたのかと思うと、なんだか歴史を感じますね。
まぁ、2回くらい造り直してるみたいですが。

ちょうどカナダから友人が日本に来てるので、お土産に『大阪城』と刻んである小判を買ってきました(笑)。

出口のところが駅の改札みたいな雰囲気だったので、無意識にPASMOを出してたのは誰にも気付かれませんでした(苦笑)。

2009年08月20日

ガラスの森に

箱根ガラスの森美術館に初めて行って来ました。

こっちの方に用事があったので、少し立ち寄ってみたんですが、予想以上に完成度が高い美術館でした。

写真は美術館内にいくつもある『ガラスの木』。
もちろんツクリモノですが、妙に自然で綺麗です。

中にあるカフェでは、1時間に1回、イタリア人歌手と伴奏者によるカンツォーネの生演奏もあり、来館者を楽しませてくれます。

結構非日常な感じで満足出来ました(^-^)。

また近くにきたら、次は箱根彫刻の森美術館にも行ってみます。

2009年08月11日

大好きな果物


俺の一番好きな果物の桃です。

先日、友人が親戚から桃と梨が届いたからとお裾分けしてもらいました。

更にその翌日には、山梨で桃農園をやっている別の知り合いが桃を送ってきてくれました。

有難いことです(^-^)。


美味しい桃を食べると、とても幸せな気分になりますね(笑)。


桃と言えば、2年くらい前に高橋英樹さんの書の個展を銀座に見に行った時、英樹さんから桃の携帯ストラップを貰いました。
桃太郎侍だから桃なんですね。
そのストラップは桃の香りがするんですよ。


中原裕也のトレードマークみたいなのもそのうち出来ると良いですね。

まずはコツコツ実績を作っていかないと!

2009年08月06日

懐かしいお茶


昔、新幹線とかでこんな感じのお茶を飲んでませんでしたか?


先日、地方ロケだったんですが、そこで出された弁当にこのお茶が付いてきて、思わず『なっつかしい!』と言ってました。

今はお茶も缶やペットボトルが当たり前のようになってますが、こうゆう容器だと不思議と美味しく感じます。
缶だと何だか味気なくて…。


この日は四国の徳島での撮影。
全国的に雨の予報だったけど、徳島空港に着いた時にはすっかり晴れてました。ホテルまで空港から車で二時間弱。その間にまた雨が降ったり止んだり。
海も空も荒れてて、かなり微妙な感じでしたが、撮影の始まる頃には一応はおさまってくれました(^-^)。
昔から晴れオトコなんですよね。

この日に撮れなかったら、また別の日に出直して来ないといけなかったので助かりました。


翌日また車で徳島空港まで。
約二時間も運転手さんと二人っきりだったけど、面白い人だったので会話が弾んで退屈しなかったです。

娘さんがギリシャ人の方とと結婚したそうで、孫がギリシャと日本のハーフで超可愛い話とか、その娘さんがニューヨークに住んでるから、もし俺がニューヨークに行くことがあったら、その家に泊めてくれるんだとか(笑)。
ありがたい話だけど、本人に会ったこともないのにすごいですよね。

その娘さんは俺と同い年らしいんですが、海外でボランティア活動もしているんだとか。素晴らしい!

また徳島に来ることがあったら、今回と同じタクシーをお願いしようと思います(^-^)。

プライベートだったら、こんなに長距離はタクシー乗れないですけどね(苦笑)。